外国人が、日本語でしゃべることができる!(逆多言語)​
  • ​日本で働く外国人は、難しい日本語に困っています。
​  もっと簡単に覚えることができないか?こんな、問題に答えるために、この『逆多言語アプリ』
  を開発しました。
  • ​このアプリは、外国語を操作すると、選んだ言葉に対応する『優しい日本語』をアナウンスするとが   できます。
  • 操作できる外国語は、英語、中国、韓国のほか、ポルトガル語、スペイン語、インドネシア語、ベトナム語、を想定しています。
  • 教科書では、学べない難しい、微妙な表現を手早く学べます。
  • ​多言語放送装置『しゃべるホン』に、このアプリ(別売)を入れると『逆多言語』装置として使用できます。
サンプルは介護現場用
​さまざまな現場で、最低限の意志疎通ができることを願って
  • ​日本には、さまざまな業種の現場ごとに『専門用語』がたくさん存在します。
  • 外国人が、日本で働く場合、通常の日本語でも難しいのに専門用語を覚えるのは困難。
  • このサイトでは、さまざまな現場の『専門用語』を、知らせて頂ける方を探しています。
  • さらに、この『専門用語』を自国の言葉に翻訳頂ける方を探しています。
  • ​日本で働く外国人が、少しでも日本語を理解してもらうためにご協力をお願いします。
具体的には!(日本の現場の方に)
  • 介護、建築など日頃現場で使う簡単な言葉(単語ではありません)を、お知らせください。
  例えば【建築現場】
  『朝はラジオ体操から始まる』『これから朝礼を行います』『職長会は3時からです』
​  『ご安全に』など単語ではない、日常使う言葉(呼びかけ)が必要です。
  • 必要な外国語は、●英語●中国語●ポルトガル語●インドネシア語●ベトナム語●ネパール語
  • 在留の留学生、外国人など関係者と共同で翻訳作業を進めたいと考えています。
  • 日本の行政、介護事業者、NPOなど広く協力を求めます。
  • この用語の著作権は株式会社アクテムが保有します。コピーして他の事業、目的で使用することは禁じます。